薄くしてメイクも楽に

自分の昔の化粧と今の化粧の変化はただひとつ、「薄くなった」ということです。 私は現在24歳ですが、10代の頃は「歌舞伎の人みたい」と言われるほどでした。キャバ嬢が出ている雑誌や、ギャル雑誌のモデルを参考に、なんといっても主役は濃いアイメイクです。つけまつげは3枚重ね、カラーコンタクトも必須でした。

元々の目が二重でしたが、二重幅が足りない!と、アイプチなどで幅を広げていました。眉毛も髪に合わせて金色に染めて、リップは超ピンク、肌はきらきらと輝いてハイライトが眩しかったです。そんなメイクでしたから、やはり男性と年上の女性には好かれていなかったと思います。

そんな私ですが24歲になり、自分の年齢の考え方的に 「もういい年」と思い、ナチュラルメイクに変わってきました。

つけまつ毛は3枚どころか1枚もつけるのをやめて、カラーコンタクトは卒業しました。

肌も日焼け止めにパウダーをはたく程度です。またクレンジングにもお金をかけて、毎日マナラホットクレンジングゲルを使っているので肌が綺麗になりました。

おかげで母親世代の女性ウケがよくなりました。そしてなんといっても男性ウケが良くなったことが1番嬉しい変化です。

 

昔の写真を男性に見せると、今の方が断然良いと100%言われます。年齢と共に、女性にとって欠かせない化粧も変化するのだとしみじみ感じ、私の化粧はこれからも変化していくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です