まだまだ働き盛りなのに歯がない…

97de0c8b01df95a823a3f5e8c18fedf0_s

まだまだ働き盛りの30代ですがとある事故から歯を全て失ってしまうことになりました。今流行のインプラントで歯を復活させようとも考えましたが、なんとなく失敗のイメージが強いインプラント治療なので、昔ながらの入れ歯治療をしてみようと検討中です。

しかし、いれば治療といっても選択肢がたくさんあるというのがわかりました。まず初めに保険を適用するかしないかの違い。そもそも入れ歯治療に保険適用が選択できるというのすら私は知りませんでした。

そしてこの保険適用の有無で完成する入れ歯も大きく変わってくるようです。まず保険の入れ歯ですが、当然ながら費用の面では安く抑えることができます。ただしその反面、入れ歯を製作する上での限界というのが出てきます。

主なところでは入れ歯の素材や形状、製作期間等の限界が出てきます。保険適用のためお金や時間に限度があるので、その範囲の中でしか入れ歯を作ることができません。結果的に本来作りたい入れ歯が作れないという可能性もあります。

なので結局のところは保険の入れ歯ではない自由診療という診療による入れ歯製作がオススメになってきます。正直、調べてみるまで入れ歯治療でこんなに選択肢があるとは思いませんでした。知らないだけでかなり損してしまうということになりますね。

私と同じようにこれから入れ歯を作ろうと考えている方はまずは保険適用の有無を基準に判断してみてはいかがでしょうか?もちろん保険適用なしの方がオススメではあります。

歯科医院選びの参考にこちらもどうぞ。
入れ歯治療ならココ!横浜市泉区でおすすめの歯医者を厳選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です